人気ブログランキング |

水餃子

昨日の雨降りから一転、いいお天気でした。
まだ、暖房機もいらないぐらいです。

ふと水餃子を作ろうと思いました。
まず、皮を作ります。
小麦粉150gに水70gを混ぜてコネコネします。
30分ほど寝かせます。
それを10~20分割します。
大きくするなら10分割で、小さなものをたくさんなら20分割で。
台に打ち粉をして、麺棒で薄く薄くなるように伸ばします。
ここが、いつも難関なのです。
自分では、これ以上薄くできない!
と思っていても、できあがったのを見ると、もっと薄くすればよかったとなるのです。

中に入れる具材は、小松菜と大豆ミートだけ。
小松菜を細かく刻んで、ゴマ油で炒めておきます。
冷めてから、伸ばした生地で包みます。
沸騰した中に投入して、浮いてきたらできあがり。
漬けダレは、味噌、酢、しょうゆ、砂糖、しょうが、五香粉。

c0111186_2215587.jpg


写真を見てもやはり分厚い皮ですね。
どうやったら、薄く薄く薄~く伸ばせるのでしょうか?

夕飯のメニュウ
水餃子
ミズナと薄揚げとイカの和え物
味噌汁

日本では餃子と言えば、焼き餃子ですが、
本場では水餃子が一般的だそうです。
ちまたで流行(?)の賞味期限あたりのあやしい状態になったとき
初めて焼いたり揚げたりして食べるのだそうです。
親分は水餃子、下っ端は焼き餃子だそうです。
フムフム・・・・・。
by mimepa | 2007-11-07 22:23 | 料理