人気ブログランキング |

栗の渋皮煮

1日中雨でした。
かろうじて、出勤時には傘いらずで職場に向かうことができました。

昨日、宿泊して行った知人は、
無事に神戸へと仕事に向かっていったそうです。
我が家のもてなし? に満足していただけたでしょうか。

そろそろ、先週の日曜日に道の駅にて購入した栗を調理しなければなりません。
2~3日水に漬けて、鬼皮を剥きやすくし、渋皮を残して剥いていきます。
この作業が一番難関なのです。
洗面器いっぱいの栗が200円は安いと思って、
買ってはみたものの、この作業のことを思うと
おっくうになって、手付かずで置いていたのです。
2日かけて鬼皮を剥きました。
両手の親指がジンジン痛いです。
包丁も使うのですが、やはりつい手に頼ってしまいます。
専用の皮剥き器があるのですが、2000円ぐらいするのでちょっと・・・・。

皮を剥いてからも、ゆでこぼし作業が待っています。
灰汁をとらないと、渋皮ごと食べることできません。
これも2日かけて、約10回ほどゆでこぼして、
砂糖とからめて、仕上げにラム酒をふってできあがりです。
c0111186_23154465.jpg


食べてみると、すごく濃厚な味です。
身がみっちり詰まっている感じです。
さすが丹波の栗は違うな! と思わせました。

栗は3/2を渋皮煮にして、残り1/3は栗ご飯にする予定です。
しかし、その渋皮煮も残りわずか、
あんなに苦労して時間かけて作っても、食べるのはアットいう間です。

夕飯のメニュウ
天丼
吸い物
c0111186_23183461.jpg
by mimepa | 2007-10-19 23:20 | 料理