人気ブログランキング |

自然に


食べたくない理由がわからない。
気持ち悪いのかもしれないし、
カラダがもう充分ですというシグナルかもしれないし。

megさんは、自身の最後も時も延命はして欲しくないと思っています。

なので、食べたくないのを無理には食べさせなくてもいいかなとも思っていますが、
シリンジに入れて、チューと口の中に流し込むと、
吐き出しもせず、モグモグとしているのを見ると、
やっぱり、まだ食べたいという本能はあるんやなと。

毎日、病院で9時から20時まで日帰り入院。
その間に、血液検査。
その結果をもとに、各種薬剤を加えた点滴を静脈に。
下痢をすれば、下痢どめを。
吐き気があれば、吐き気どめを。
カリウムが足りなければ、カリウムを。

今、できることを可能な限り(金銭も含めて)しています。
これが、犬にとっていいか悪いかわかりませんが、
飼っている責任として最後まで楽に過ごして欲しいとは思っています。

ボヤッとはしてないですが、
以前のよう笑ったりはせーへんな。

でも、あくびした。
顔をブルブルってふるった。
尻尾もふった。
megさんのことを目で追った。

c0111186_1061334.jpg

by mimepa | 2016-11-14 09:37 |