人気ブログランキング |

甲山へ

購入したシングルバーナーを持参して兵庫県の甲山へ。
江坂から30分もあれば、最寄りの駅に到着します。
阪急甲陽線の苦楽園口駅下車です。

苦楽園口のローソンで、カップ麺と行動食と水を購入。

夙川沿いの夙川上流緑道ずんずん上流へ向かいます。
c0111186_11593992.jpg


1kmほど進むと銀水橋があって、その横道から山に入ります。
ここから山に入らず、車道(県道62号線)を登って行けば、
夙川学院短期大学などがあって、北山緑化植物園にたどり着けます。

北山を少し登ると、分岐点が。
左か?右か? 右に行きました。
展望台と書いてあったからですが、
この道が険しいのなんのって。
誰にも会わないし、遭難したらどーしょうかと、マジで心配しました。

この時点で足がカクカクです。
休憩中のminoさん。
c0111186_1212093.jpg


なんだかんだで三つ池に到着。
c0111186_122359.jpg

人もチラホラ。
門というか柵(イノシシ避け)があって、
c0111186_1222958.jpg

中に入ると、人がいっぱいいます。
はい、ここは北山緑化植物園です。

先ほども書きましたが、この植物園までは車で来れます。
店主らは、あえて北山ルートという過酷(?)な道を選んだのです。

ここまで来ればこっちのもんですよ、北山貯水池(ダム)はすぐそこですよ。

植物園の駐車場のから、また山道(大げさな)。
ちょっとぬかるんだ道を進みます。
犬連れな人も数組。
店主らは山道歩くんだぁ!と意気込みがあったんですが、
なんでしょ、ご近所さんからしてみれば、
ちょっとした散歩コース?

そんなことを考えながら進んでると、目の前がパァーっと開けてます。
はい、北山貯水池とその向こうにあるのが甲山です。
c0111186_1263331.jpg


この景色が見たかったんですよ。
こんもり甲の形をした単独峰(これまた大げさな)。

この時点で12時半。
腹ごしらえします。
ちょうど東屋がありましたんで、おじゃましまんねやわ。
お湯を湧かして、カップヌードル。
c0111186_127379.jpg


c0111186_1271371.jpg

おにぎりも握ってきたんでね、結構お腹ふくれましたよ。

さぁ、目指せ甲山頂上ですよ。
標高309.21m。
登り口は3カ所あって、一番険しい貯水池側から。
何が険しいって、普通山道はジグザグ登って行くのに、
ここは、真っすぐ一直線!
なんて潔い!
階段上になっているとはいえ、しんどい。
c0111186_1274797.jpg


でも、頂上まではあっと(多分)いう間。
てっぺんちょは、広場です。
ケルンは、崩れておりましたがひとつ、積み上げてきました。
c0111186_1281223.jpg


ここでも、シングルバーナーでお湯を湧かして、
コーヒータイム。
c0111186_1283836.jpg

しばし休憩。
あ〜気持ちいい。

下りは、神呪寺方面へ。
恐ろしい名前ですが、けして呪いの寺ではありません。
「かんのうじ」と読みます。

ここから大阪方面が見渡せます。
なぜか、見知らぬ人と同じポーズ。
c0111186_1292471.jpg


すっかり甲山を堪能したので、家に帰りましょう。
甲山大師道を甲陽園駅に向かってズンズン。
大きなお屋敷が次から次へと。
それもそのはず、この甲陽園目神山地区は、
平成24年度都市景観大賞都市空間部門の国土交通大臣賞受賞(長っ!)だそうです。

そんなこんなな、プチトリップな1日でした。

登山をするのはなかなか手厳しいのだけど、
ちょい山歩きは楽しいし、カラダ動かすと気持ちいい。
by mimepa | 2013-05-05 11:56 | おでかけ