人気ブログランキング |

村上春樹

少し前に、村上春樹氏がエルサレム賞を現地にて
受賞したというニュースがあって、
その会場でのスピーチに、むむむと心打たれた。

いつも「卵」のそばに 村上春樹

本日、僕はここエルサレムに、
プロフェッショナルな「嘘」の紡ぎ手、すなわち小説家としてやってきました。
もちろん、嘘をつくのは小説家だけではありません。
政治家もまた、嘘をつきます(これは皆さんよくご存じですよね)。
外交官も、軍人も、機会さえあえば、中古車のセールスマンや肉屋、
建築業者であっても、彼らなりの嘘をつきます。
しかしながら、小説家のつく嘘は、彼らの嘘とは違います。
彼らが嘘をついた時のように不道徳だと責め立てられることはありません。
それどころか、小説家の嘘が器用であればあるほど、
世間や批評家たちからより大きな賞賛を得ることができるのです。
これはなぜでしょうか?

~省略

本当に多くの人々が、
僕に「エルサレム賞を受け取りに行くな」と忠告してきました。
或る者は、
もし僕が受賞するなら僕の本に対してボイコットを扇動すると警告さえしました。
その理由はもちろん、ガザで激しく続いていた戦闘です。
国連のレポートによれば、封鎖されたガザ地区では1000人以上の非武装市民
―― 子供や老人たちが命を落としました。
受賞の通知を受け取ってから、僕は何度も何度も自問しました。
「こんな時期にイスラエルにまで旅行して、
 文学賞を受け取ることは適切な行動なのだろうか?」、
「僕はどちらか片方を支えることになり、
 圧倒的な軍事力を行使する国策を是認したと思われやしないか?」。
もちろん僕は、そんなふうに受け取られるのは御免です。

~省略

「高く、固い“壁”と、
 それにぶつかると割れてしまう“卵”があるとき、
 僕はいつも卵のそばにいる」
ええ、どんなに「壁」が正しく、どんなに「卵」が間違っていようとも、
僕は「卵」のそばに居続けます。
どこかの誰かが「何が正しくて、何が間違っているのか」を決めるとき、
それはおそらく時間と歴史が決めるのでしょう。
けれどもし、どのような理由があろうとも、
壁のそばに立って仕事をする小説家がいたとしたならば、
その作品にはどんな価値があるというのでしょうか?
このメタファー(暗喩)はいったい何を意味しているのでしょうか? 
それはいくつかの場合において、とてもクリアで単純です。
高く固い「壁」とは、爆撃機であり、
戦車であり、ロケット砲であり、白リン弾です。
そして「卵」とは、それらに壊され、燃やされ、撃たれる非武装市民……、
これがその暗喩が意味することのひとつです。

~省略

僕たちひとりひとりが、多かれ少なかれ「卵」なのです。
僕たちは唯一かけがえのない魂を内包した、
壊れやすい殻に包まれた卵なのです。
これは僕にとっての真実であり、皆さんにとっての真実でもあります。
そして僕たちはそれぞれ――多少の違いはあっても――
高くて固い壁に直面しています。
その「壁」の名は、そう、「システム」です。
システムは僕たちを守りを固めるためのものですが、
しかし時折自己増殖して、冷酷に、効果的に、システマティックな方法で、
僕たちに殺し合いをさせるようし向けます。
僕が小説を書く理由は、ひとつしかありません。
それは個々人の魂の尊厳を立ち表わせ、光りをあてることです。
「物語」の目的とは、
システムが僕たちの魂を蜘蛛の巣のように絡め取り、
その品位を落とすことを防ぐために、
警戒の光りをあて、警鐘を打ち鳴らすことです。

僕は強く信じています。
物語を書きつづること、
人々に涙や慟哭や微笑みをもたらす物語を書くことによって、
個々の魂のかけがえのなさをはっきりさせようとし続けること、
それこそが小説家の仕事であると。

~省略

僕は今日、皆さんにお伝えしたかったことはただひとつです。
僕たちは誰もが人間であり、国籍や人種や宗教を超えていく個人であり、
システムと呼ばれる固い「壁」に直面する「卵」だということです。
どう見たって僕たちに勝ち目はなさそうです。
壁はあまりにも高く、あまりにも強く、そしてあまりにも冷たい。
もし僕たちに勝利の希望がいくらかあるとすれば、
それはかけがえのない独自性を信じ、
自分と他の人々の魂とを互いにつなぎ合わせた「暖かさ」に頼るしかありません。
少し考えてみてください。
僕たちはそれぞれ、いまここに実態のある魂を持っています。
システムはそれを持っていません。
僕たちはシステムが僕たちを司ることを許してはなりません。
僕たちはシステムがひとり歩きすることを許してはなりません。
システムが僕たちを作ったわけではない。
僕たちがシステムを作ったのです。
これが今日、僕が皆さんに語りたかったことのすべてです。
僕はエルサレム賞をいただいたことに感謝します。
僕は世界中の多くの地域で僕の本が読まれていることに感謝します。
そして今日ここで、皆さんに語る機会をもらえたことにもまた、感謝します。


天気予報に雨が降り始めました。
雨漏りが気になります。
by mimepa | 2009-02-19 22:23 | 日々のこと