人気ブログランキング |

箕面へモミジ狩り(その2)

昨日のつづき・・・

滝道を歩いて箕面大滝を目指している人の
平均年齢は非常に高いと思います。
若い人より、かなり年配の方が多いです。
大きな一眼レフカメラ持参の方も多いです。
すごいですね、パワーみなぎってます。

megさんもminoさんも若い部類に入ります。
小さいカメラで、なんとか必死に撮影です。
大きなカメラがあるのですが、
持ち歩くのがいやで、家置きカメラと化しています。

遠くから見えた山並みはとてもきれいな色でしたが、
滝道から見上げる木々には、以外と紅葉が感じられません。
ところどころに、真っ赤なモミジがあって、
撮影ポイントらしく、大勢のカメラマンがいました。
c0111186_23394196.jpg


そうこうしていると、正面突き当たりに箕面大滝です。
目に入るのは、滝もそうですが、
すっごい人だかり!!
考えてみれば、滝道を歩いている人達が一様に
そこを目指しているんだから、当たり前なのですが・・・。
c0111186_2340547.jpg


皆さん一様にボーッと滝を見上げています。
滝をバックに写真撮影したり。
megさんとminoさんも、とても日本語の上手なインド系の方に
写真を撮ってもらいました。

しかし、この箕面大滝。
人工の滝、やらせの滝、無駄遣い行政の滝と言われています。
なぜならば、
箕面グリーンロードトンネルを何億円もかけて作った挙句、
箕面大滝の水源となる川を枯らしてしまったのです。
で、しかたなく別の水源からポンプアップして
滝に水を供給しているのです。
トンネルも予想以下の通行量のうえに、
トンネル開通先のニュータウン(箕面森町)は閑古鳥。
ポンプアップのための工事に、またまた何億円もお金をかけて
財政困窮団体とは思えぬ、大阪府の大判振る舞い。

でもまぁ、滝を見上げている人達は満足気だし、
箕面の土産物屋にどっさり稼いでもらって、
税金をたーんと納めてもらって、
丸~く、おさまればいいのですが。

犬を連れて滝道を散策している人達が以外と多く、
次回、もっと人が少ない時期に、
パスタも同伴したいですね。

箕面市のマンホールのデザイン
c0111186_23405591.jpg


ちなみに、吹田市は太陽の塔がデザインされています。
c0111186_23424389.jpg
by mimepa | 2008-11-30 23:38 | おでかけ